Paris photowedding 2



f0323550_14223721.jpg

6:00 PM

休憩中にぐっすり眠ってしまい、
ヘアメイクさんの呼出しベルで起きる...






f0323550_14231891.jpg

Miroir

午前中の撮影が終わった後、
すぐにお昼ご飯を調達してくれたり、
身体を拭いてくれたり、
見えないところでも支えてくれる旦那さんの
いつもと変わらない気づきと優しさ。






f0323550_14234706.jpg

Les coulisses






f0323550_14241198.jpg

Pour la ville de la nuit






f0323550_14571355.jpg

Place Charles de Gaulle






f0323550_15023766.jpg

Arc de triomphe de l'Etoile






f0323550_15034418.jpg

Arc de triomphe de l'Etoile






f0323550_15051499.jpg

Un feu rouge
〜GYAKU Kabe Don?〜






f0323550_15142283.jpg

RUE DE PRESBOURG






f0323550_15182011.jpg

À Paris






f0323550_15174599.jpg

Ma robe de mariée






f0323550_15253592.jpg

Pont Neuf






f0323550_15275144.jpg

Petit Palais

ここのカフェで一旦休憩。
スタッフの人達と話せて楽しかったな。
次はここでchocolat chaudを飲みたい。






f0323550_15292156.jpg

Pont Alexandre III






f0323550_15361456.jpg

Silence






f0323550_15370440.jpg

Musée du Louvre






f0323550_15373002.jpg

Lumière et Ombre






f0323550_15375661.jpg

Ensemble


一生に一度
だからこそこの目と心の奥に焼きつけた
そのすべてを
当時の思いを
今に重ねていく。
記憶と感情を美しく辿らせ
一歩先へと誘う
この生きる写真を抱いて、
これからもずっと一緒に。





Parisにいると、
感じるままに在ることが許されるようで
心地よく楽しかった。
旦那さん、家族、
気さくで楽しくprofessionalなスタッフの方々、
楽しい時間をどうもありがとう。
必ずまた行きます。


Merci, Paris.
Merci, mon mari et ma famille.
Merci, Saori (Photographe).
Merci, MIU (Hair & Make Up).
Merci, NATSU(Assistante).
Merci, La-vie Factory.












WORLD LOCATION PHOTOWEDDINGの
素敵な作品集はコチラ→
http://www.world-laviephoto.com/works/

[PR]
# by ayumink0812 | 2018-06-14 21:02 | その他

Paris photowedding 1


Parisでのphotoweddingから1年が経ちました。

人生初のParis。


f0323550_13193809.jpg

Photoweddeing






f0323550_13223501.jpg

5:30 AM

特別な一日の始まり。






f0323550_13413590.jpg

À l’hôtel






f0323550_13431751.jpg

Dans la douce lumière du matin






f0323550_13423090.jpg

Un jour spécial






f0323550_17540308.jpg

Un taxi






f0323550_17552058.jpg

La Tour Eiffel






f0323550_17572207.jpg

Monopole pardonné

エッフェル塔を独り占め。
この時だけ神様に許してもらいました。






f0323550_18034738.jpg

Ligne de vue






f0323550_18052519.jpg

Une route






f0323550_18154101.jpg

Le Pont de Bir-Hakeim






f0323550_13014028.jpg

Basilique du Sacré-Cœur






f0323550_13033220.jpg

Quelques pigeons






f0323550_13083034.jpg

Montmartre






f0323550_13110926.jpg

LE CONSULAT






f0323550_13124035.jpg

Bénédiction


通りすがりの人達が思い思いに祝福してくれました。
代わる代わるしばらく次々と記念撮影は続き、
固まっていた自分のイメージが
鮮やかに覆されるハプニング。
でもそれはむしろ素敵な事で、
写真と思い出が色濃く残る場所に
また一つ出会えました。
この国では花嫁を見るとその日一日ハッピーらしく、
ラッキーな出来事なのだそう。
私もラッキーでした。
















[PR]
# by ayumink0812 | 2018-06-14 11:37 | その他

~かぼちゃのクッキー & ラング・ドゥ・ブッフ・ア・ラ・キャネル~




今年のハロウィンは、いつもと違って

自分にご褒美をいっぱいあげました。

もちろん、仮装をし忘れた誰かさんにも。

作ったのは、かぼちゃのクッキーと

ラング・ドゥ・ブッフ・ア・ラ・キャネル。










f0323550_23093371.jpg











ちょっぴり寒くて太陽も早く沈んでしまうこの季節には、

しっかりと表情があり

ふっくら暖かくて優しい味わいの

かぼちゃのクッキーが楽しくて美味しい。










f0323550_23084426.jpg











そして、木枯らしの音が暗い空に昇っていく

冷たい夜には、

ザックリ焦げたシナモンのリーフパイを食べながら、

心やすらぐままに

いつまでも時間をなくしてお喋りしていたい。










f0323550_11231629.jpg










互いに利き手と反対の手があることに気づき

差し伸べ合っては無邪気に笑い合えた

大人のハロウィン。

深く深く暖かく、

楽しい想い出。










f0323550_23075825.jpg



























[PR]
# by ayumink0812 | 2015-11-09 11:37 | お菓子

~柚子のパウンドケーキ~




木漏れ日の中、香るキンモクセイに連れられて

自宅の庭を一周すると、

冬の植物が元気そうに息づいていました。

これからの寒さに温かい気持ちを備えたくて、

大切な人のために焼き菓子を贈ることにしました。

今回焼いたのは、柚子のパウンドケーキ。










f0323550_21314975.jpg











香りも酸味も爽やかだけど、渋さも効いている柚子

そして、少し弾力のあるしっとりとした生地。

最後に数種類のリキュールを合わせ打って

染み込ませたら完成。










f0323550_21333123.jpg











空に漂う白い雲は、くっついたり離れたり。

ほかの雲とくっついて元に戻らなかったり。

そのまま消えたり、また同じ雲とくっついたり。

深遠な繋がりを求めて彷徨った青い日々と

空白の時間。










f0323550_21351460.jpg











そして今、

木漏れ日の中で浴びる光とひとつになって

木陰を縫うようにゆっくりゆっくり歩く幸せに

つい手を伸ばしたくなってしまう

こんな気持ちまで










f0323550_21365740.jpg











包み込むように受け取ってもらえるといいな。



















[PR]
# by ayumink0812 | 2015-10-09 22:56 | お菓子

~パン・オ・フリュイ・セック~




ギンギンに照りつける日差しを白の食器が柔らかくし、

暑くて眩しくて、それをまたレースのカーテンで遮っていたのに、

今はもう一本芯の通った冷気にたなびく秋風が

そのカーテンを揺らす候となりました。

そんな週末。

初めてのパン作り。










f0323550_20112299.jpg











そして、その日は私の甥の誕生日。

最近では一緒にキッチンに立ちたがり、シェフになることを夢見ている様子。

お魚までスッパリ切れる大人の包丁を使いたがるので、

見ている方は一緒に握らずにはいられないのに、

「ボクがやる!ひとりでやる!自分自身だから!」

と。

「・・・自分自身?」

この子は自分の意志と責任を持ってやりたがっているのかしら?と、謎めく私・・・。

それにしても自由かつ大胆な組み合わせと調理法でチャレンジしてくるので

自分の幼少時代と重なってしまう。










f0323550_20121693.jpg











同じく幼稚園の先生のお手伝いもしたがるそうで、

「そんな時、できるところを残してあげれば良いんだなと反省します」と

通信には先生のコメントがそう書かれていました。

私はそれを読んで、先生の子どもへのその視線が白亜のように優しく美しく

また、植物がのびやかに育つふかふかの土壌のようで、

そこに「教え育む」ことへの価値が見い出せると思いました。











f0323550_20120369.jpg











調理の出来はともあれ、

私は大好きな人のために何かを作るとき

その人の声、その人の笑う口元、その人の話し方・・・

それをイメージして、その人が心の底から「美味しい!」と

感動できるものが作れたら、それが最高だと思っています。

それにしてもこのパン、

上掛けしたパートゥ・グラニテの粒が大きすぎたり

途中でこねる回数忘れちゃったり。

まだまだ練習が必要みたい・・・。






















[PR]
# by ayumink0812 | 2015-09-08 21:08 | お菓子